Event is FINISHED

第1回講座:「眼差しのパイオニアをつくる基礎と未来」

Description

連続講座「文化芸術による共生社会実現のためのアーツマネジメント入門」
第1回講座「眼差しのパイオニアをつくる基礎と未来」



HAPS は、京都市より 2017 年度「文化芸術で人が輝く社会づくりモデル事業」、2018 年度は「文化芸術による共生社会実現のための基盤づくり事業」を受託し、実施いたしました。これは、文化芸術の力を活用して、多様な背景を持つ人々が、共に生きることのできる社会のあり方を探り、その仕組みづくりを目指すものです。昨年度の事業で行った、京都市内外での先行事例の調査や、相談窓口やコーディネーター育成の手法の検討、入門講座、モデル事業としてのアートプロジェクトの企画・実施を経て、今年度はそれらの成果を引き継ぎ、さらに大きく事業を展開いたします。その一環として、「文化芸術による共生社会実現のためのアーツマネジメント入門」と題した、全7回の連続講座を開催いたします。皆様のご参加をお待ちしています。

※アーツマネジメントとは美術館、劇場、コンサートホールなどの文化施設を拠点として、アート(アーティスト)と社会を効果的につないでいく営為のことです。本講座では、高齢者施設をはじめとする福祉施設、病院、被災地、格差地域などといった、これまでアートとは疎遠と思われてきた場所でのアーツマネジメントに焦点をあてて紹介します。


「眼差しのパイオニアをつくる基礎と未来」

日時:2019年7月17日(水)19:00~21:00
会場:キャンパスプラザ京都 4階第4講義室 
定員:90名 
講師:奥山理子

「多様性」「社会包摂」「共生社会」をテーマとする取り組みをきっかけに、アートが、具体的な現場をとおして社会課題と向き合う機会が増えてきました。
困難な状況に対する行き詰まりや、漠然と覆う生き辛さといった感覚は、私たちに様々なかたちで影響を及ぼします。私は、そうした状況を個人や特定の領域だけで抱えずに、異なる多様な眼差しを柔軟に注ぐことが重要だと考えます。その複数の眼差しによって状況がより立体的に立ち現れることに、アートの可能性を見出し、アートプロジェクトと総称される実践を福祉現場で重ねてきました。
本講座では、私が携わった事例から、思いがけない着眼点やプロセスを共有した多様な人たちの様子を丁寧に紹介し、連続講座の入口とします。(奥山理子)


【講師プロフィール】
奥山理子(おくやま りこ)/みずのき美術館キュレーター
母の障害者支援施設みずのき施設長就任に伴い、12歳より休日をみずのきで過ごす。施設でのボランティア活動を経て、2012年みずのき美術館の立ち上げに携わり、以降企画運営を担う。アーツカウンシル東京「TURN」コーディネーター(2015-2018)、東京藝術大学特任研究員(2018)を経て、2019 年より、HAPSの「文化芸術による共生社会実現に向けた基盤づくり事業」に参画。



※このイベントは、全7回の講座のうち第1回の講座にあたります。全講座の詳細はこちらをご覧ください。
※第2回以降のお申し込みはそれぞれの講座のイベントページから行なってください。
※本事業は、京都市「文化芸術による共生社会実現に向けた基盤づくり事業」として実施しています。

Wed Jul 17, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
京都市下京区 西洞院通塩小路下る東塩小路町939 Japan
Organizer
東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
18 Followers
Attendees
10